※お電話の際はお手元に登録証をご用意下さい。未登録品・模造刀のお買取りは出来ません。

全国刀剣買取センター > 刀剣コラム > 刀剣オークションは高く売れるの?オークションのメリット・デメリット

刀剣オークションは高く売れるの?オークションのメリット・デメリット

2019年02月01日(金)

大切な刀剣を手放すのであれば、できるだけ高い値段で売却したいものですよね。そこで、値段に上限がないオークションへの出品を考えている方もいらっしゃると思います。こちらでは刀剣をオークションの仕組みと、オークションを利用することのメリットとデメリットを紹介します。

オークションを利用するメリット・デメリット

オークションという言葉を日本語に直すなら競売です。ある一つの商品に対して「○○円で買います!」と入札した人の中で最も高い値段を掲げた人が商品購入の権利を得ます。これを落札と言います。

Yahoo! オークションを始め、いくつかのオークションサイトが知られており、日本刀専門のネットオークションサイトも存在するようです。日本刀をネットオークションで売るメリットはあるのでしょうか?

メリット

オークションで刀剣を売るメリットは、不特定多数の人にアプローチできる点です。複数の買取店に相見積もりを取る場合もオークションのようになりますが、インターネット上で多くの人に告知できる点が魅力です。

そして、オークションは欲しいと思った人たちが他の人の値段を意識する点もメリットです。たとえ相場通りの値段を提示しても他の入札者が1円でも高い値段を言えば購入権を失います。そのため、競争過熱による落札額上昇が期待できます。

また、買取店を間に挟まない直接売買による利益拡大を狙える点もメリットと言えます。

他にはどんな刀でも売ることができる点もメリットと言えます。後ほどご紹介する業者専門の刀剣オークションの場合は、ランクの低い刀はなかなか良い金額が得られません。しかし一般の方が自由に売買できるオークションであれば素人でも関係なく参加することができ、刀のランクも気にする必要がありません。極端な話、登録証が付いたものなら保存状態の悪い刀や模造刀さえオークションで売ることができます。その意味で刀剣買取とは違った角度でのアピールは可能です。

デメリット

以上から刀剣をオークションで売るという選択は「希望価格以上の値段で売れた場合」に限りメリットがあります。逆に、そうでない場合はデメリットを被ります。

まず、ネットオークションは広く告知できる反面本当に刀を愛してくれる人、刀剣の価値を分かってくれる人にアプローチしづらいです。つまり入札希望は多くても買取店以上の価格を表示してくれると限りません。もしかしたら価値を理解してもらえないせいで低いレベルの競売になることもあります。

次に、刀を売るための説明が難しい点です。物を売るためにはそれをうまく広告する必要があるのですがどのような点を購入者が重視し、心惹かれるのかを熟知しない限り相応の値段がつきません。刀は画像での撮影がとても難しいものです。しかも、刀剣の品質については出品者であるあなたが責任を持たなくてはいけないのです。トラブル発生に対する覚悟がオークションの前提となります。

運よく買取価格と同じくらいの値段で売れた場合も刀の管理や梱包、発送といった手間がかかります。刀剣の取り扱いは一般の方にとって面倒なのです。もちろん、オークションの運営元に対して売り上げの10%前後にもなる手数料を支払わなくてはいけません。

以上より、高く売れそうという甘い期待でネットオークションをすることはリスクが高いです。刀、太刀、脇差、刀装具などあらゆるものを見極められる力が出品者、落札者双方になければ、買取店に依頼するよりも安い値段になる可能性が高いです。

当社は出張買取、宅配買取に対応していますがどちらもお客様の負担を最大限減らし、迷った時は丁寧にサポートいたします。

オークションを利用する際の注意点

オークションにはよからぬ出品者も

刀剣の価値を本当に分かってくれる人が少ないオークションで刀剣を高く売ることは難しいです。しかしその特性を逆手に取り、あまり価値の無い刀を名刀に見せかけて売りさばく悪徳業者もいます。

直接肉眼で見ても見分けることが難しい刀剣の真贋を、ネット上の画像だけで判断することはとても難易度が高いです。また鑑定書の改ざんや、競売を演出するためにサクラを使うこともあるのです。

これらの手法が倫理に反することは言うまでもありません。それでもご自身で刀剣を売るつもりなら一般の方に向けた正しい姿勢での”売る努力”は必須です。

刀剣を売るときは登録証を忘れずに

刀剣は銃刀法によって無許可での所持を禁じられています。日本刀に関しては美術的な価値のあるものとして教育委員会へ申請し登録証を得なければいけません。もし、登録証がないまま所持していると銃刀法違反で2年以下の懲役または30万円以下の罰金となります。注意してください。

そのため刀を売るときは必ず登録証の有無を確認しましょう。当社へ刀剣類を売却いただく場合もこの登録証が必要です。

業者でなければ出品できないプロ専門のオークションとは

刀を正価で売りたいなら素人よりもプロに売るべきです。そこで選択肢に上がるのは刀剣業者専門オークションです。ネットオークションとは違い、一般の方は参加できないものです。会場に現物を並べて競売します。業者交換会と呼ばれることが多いです。

刀剣オークションには競りと入札という2種類の方式があります。競りは並べられた刀剣や刀装具、甲冑などを囲んで購入希望額を言い合います。よくあるハンマーオークションに似ていますね。

入札は一つの商品に対しての購入希望額を札に記載して札取りと呼ばれる人に渡します。札取りは最も高い値段の書いてあった札のみを読み上げます。

刀剣オークションは業者しか参加できないので、一般の方が出品を希望するときは代理出品を依頼することになります。


メリット

刀剣オークションのメリットは良いものが相応の価格で売れることです。プロの集まるオークションですから真贋を見間違えることや変な買いたたかれ方をすることは滅多にないでしょう。そのため、本当に価値のある刀は高値で売れます。

次に代理出品してもらえることからオークションの手間を減らせる点もメリットと言えます。


デメリット

刀剣オークションのデメリットは、買取店に売却した場合と、売却額に大きな違いは出ないであろうことです。理由は単純で、業者は正当かつ再販売によって利益の出る金額で購入したがるからです。良いものも、悪いものも相応の落札額になります。決してプロの目はごまかせません。

それにもかかわらず代理出品を依頼することで別途手数料が生じるわけですから、結果的には損をしてしまう可能性が高いです。

また、業者オークションは一般の方は立ち入り禁止なため、実際に預けた刀剣がどのような形で売買成立となったか、その顛末を客観的に確認することが出来ません。極端に言えば「品物をすり替えられるのでは?」「結果の証拠となる帳票は本当に正しいの?」それらの心配を解消できないのです。業者オークションに刀剣を預ける際は信頼できる業者かどうかの見極めが本当に大切です。
※ちなみに当社は出張・持込買取はその場で即金、宅配はご承諾後に即振込です。最も間違いのない明朗な仕組みでお買取させて頂いております。

「高く売りたい」と思われている方は、当社にご相談下さい

オークションで刀剣類を売るためには、刀剣愛好家に向けてその価値が分かるようにアプローチし、かつ競売を過熱させなければいけません。したがって刀剣鑑定のプロでもオークションだからと高値で売りさばくことは難しくなります。

当社が刀剣を高く買い取ることができるのは、まず当社がその価値を最も理解し、また同時に同じように価値を理解して頂ける方に適正に売却することができるからです。オークションはリスクが高く、納得いく売買をすることは大変難しいです。安心安全に刀剣を高く売りたい方は、ぜひ当社にご相談ください。



全国刀剣買取センターの主要コンテンツ一覧

  • 出張買取について
  • 宅配買取について
  • 持込買取について
  • お客様アンケート

  • 高く売る秘訣

  • 当社が選ばれる理由

  |  

Return to Top ▲Return to Top ▲