※お電話の際はお手元に登録証をご用意下さい。模造刀のお買取りは出来ません。

全国刀剣買取センター > 刀剣コラム > 値段はどう決まる?刀剣の相場を徹底解説

値段はどう決まる?刀剣の相場を徹底解説

2015年11月25日(水)

よく古美術品の価格は「あってないようなものだ」と、評されますが、これは間違いです。特に刀剣の価格に関しては明確なランクがあり、相場の変動を除けば、値段の設定は分かりやすく説明することができます。長さや業物であるか、日本刀の保存状態など他にさまざまなチェックポイントがありますが、刀剣を売ろうかと考えてる方には気になるところですね。そこで、今回は日本刀を買い取りする際の値段を決めるチェックポイントや、必要な書類についてみていきたいと思います。

◆刀剣登録証はお持ちですか?

どんな名刀も登録証がないと売買することも所持することもできません。登録証とは、車でいうなら車検証のようなもので長さや種類などが書かれた書類です。買い取りに出す場合には持ち主の名義を変更する必要があり、登録証が紛失や、そもそもなかった場合については所轄の警察に申し出て発行の手続きを取る必要があります。また、自宅で保管するだけでも登録証がないと罰せられるので注意が必要です。

◆刀剣の相場を決めるポイントとは?

★刀のランクや作者

古来からあるランクで切れ味を元にした「最上大業物・大業物・良業物・業物」、出来の良さをランクにした「最上作・上々作・上作・中上作」があり上位にいくほど価格も跳ね上がります。また、正宗や村正など人気のある作者の場合は需要が高く、価格に反映します。しかし、無名の刀鍛冶であっても刀剣の質によっては高値が付く場合もあるため、しっかりと鑑定してくれる買取業者に依頼することをおすすめします。

★刀剣のサイズ

刀剣といっても、大刀、脇差などいくつかの種類に分けられます。主なものは刀(かたな)、室町中期から江戸後期まで使用されており長さは2尺(60.6 cm)以上のものです。もう一つは脇差し(わきざし)、刀と対で腰に差していたものでサイズは一尺(30.3cm)以上二尺未満で、一尺2寸ほどのものは小脇差しと呼ばれました。また、短刀もよく出まわっており、サイズは一尺以内とされています。サイズも価格に反映されており、刀を100%とした場合、同じランクであっても脇差しは40~50%ほど、短刀は50~60%ほどの価格になるといわれています。

★細工や拵えの有無

拵え(こしらえ)とは、柄や鞘・鍔などの日本刀の外装を指します。見た目麗しい細工を施しているものには美術品としての価値も高く評価され高値が付くポイントとなります。

★刀の状態

じっくりみないと発見出来ない傷や割れでもマイナス査定の対象となります。また、日本刀を鑑賞する際に好みの別れる「刃紋」の出方や、錆の有無によっても価格が変化します。当然錆はマイナス査定ですが、打ち傷は「誉れ傷」と言い、戦いによってついた傷で一概に悪いともいえません。

★偽物・贋物ではないか

もちろん、本物と同じ価格での引き取りはできません。有名な作品ほど贋作が多いため、念入りな査定が必要です。

◆インターネットを活用して相場を調べる方法も

最近ではインターネットでの通販も盛んです。ざっくりと相場を確認したい場合には、似た条件の刀剣がどういった価格で販売されているかをチェックするのもいいでしょう。ただし、1振り1振り状態は異なるのと、販売店により利益率は異なるので、単純に比較は出来ません。

◆日本刀の鑑定なら全国刀剣買取センターへ

古美術品の中でも査定基準が分かりやすい刀剣ですが、やはり熟知していなければ分からないことも多くあります。買い取り価格でお悩みでしたら、まずは無料査定を受けてみてはいかがでしょうか?全国刀剣買取センターでは、査定に出すといっても面倒はなく、宅配されてくるキットに日本刀を入れ返送するだけで買取査定が完了します。ぜひ、ご相談ください。



  |  

Return to Top ▲Return to Top ▲