※お電話の際はお手元に登録証をご用意下さい。未登録品・模造刀のお買取りは出来ません。

刀剣コラム一覧

日本刀などの刀剣類の所持を規制する銃刀法。どんな法律かご存ですか?この法律を知らないと、厳しい罰が科せられることもあり得ます。銃刀法とは何か?規制される刀剣類とはどんなものなのか?何が罪になって、何が罪にならないのか?しっかりと銃刀法に関する知識を身に着けましょう。

このコラムを読む▶

実は「刀=日本刀」ではありません。刀や日本刀にはさまざまな種類のものがあります。一見すると刀とは別物に思える槍や薙刀なども、実は日本刀の一種と言えます。刀とは何を指すのか?その中で、日本刀とはどのようなものか?日本刀にはどんな種類のものがあるのか?刀についての興味深い話をご説明いたします。

このコラムを読む▶

日本刀と脇差の違い。なぜ武士は刀を2本持つようになったのか。脇差にも色んな種類があり、知れば知るほど奥深い。脇差に関するさまざまな知識をお送りします。「家で脇差が見つかってどうしよう」と困っている方のために、銃刀法上の扱い方や手続きの方法、処分の仕方についても解説します。

このコラムを読む▶

日本刀を所持するためにはどんな手続をすればよいか、何か特別な資格や条件を満たす必要性、罰せられたりするリスク、日本刀を所持するために必要な登録証やその発行を受ける手続き、法律上の規制の有無について解説します。自宅を整理して日本刀が見つかった方必見です。

このコラムを読む▶

刀剣・日本刀を相続された方、贈与したいと考えている方へ、相続・贈与の際のポイントについてご紹介しています。相続財産に日本刀があった場合に確認すべき点や、処分する方法、所有者名義の変更方法等まとめておりますのでご参考下さい。

このコラムを読む▶

大切なお刀の売却される際には、売却先選びと高値で売るためのポイントを押さえることが重要。日本刀はさまざまな手段で売却することが可能です。しかし、正しく売却しないと買取価格が下がったり、価値に見合った価格で買取ってもらえかったりするケースも考えられます。しっかりとポイントを押さえて、少しでも高値で売却しましょう。

このコラムを読む▶

日本刀のお値段は鑑定書のランクや種類、刃長、刀匠などによって大きく異なります。過去には国宝級の名刀に2億円以上の価値が認められたケースも。美術品や工芸品としての価値、歴史的価値、希少性が高いことが、日本刀が高値で取引される理由と言えます。もしご自宅に日本刀がありましたら、それが思わぬ高値で売却できる可能性もあるのです。

このコラムを読む▶

日本刀に錆が発生したら、美術品としての価値が下がってしまいます。取り扱いや保管方法を改善した上で、ご自身で錆を除去する、研師に依頼するなどの対処が必要です。ただし、錆を落とす際に傷がついてしまったり、莫大な費用がかかってしまったり、リスクも伴います。注意点も含めて、日本刀に錆が発生した場合の対処方法を伝授します。

このコラムを読む▶

刀剣はメンテナンスをしないとすぐに錆びてしまい、価値も落ちます。しかし、定期的に正しくお手入れさえしていれば、美しさが長持ちするのです。大切な刀剣を錆から守り、いつまでも美しい状態を維持できるメンテナンス方法と、お手入れをするために揃えるべき道具を解説します。参考にしていただいて、お刀に愛情を注いであげてください。

このコラムを読む▶

日本刀の真贋を見極めるために重要な目利き力について解説しています。刀剣には偽物が多く出回っており、プロでも真贋の見極めが難しいと言われています。当社がどのようなところに気をつけて鑑定しているのか、目利きのポイントをご紹介します。

このコラムを読む▶

次のページへ »

お問い合わせ

古物商の皆様へ

マンガ第1話 マンガ第2話

QRコード


全国刀剣買取センター
モバイルサイト
Return to Top ▲Return to Top ▲